異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔

異なった種類のワクチンを接種する場合の間隔
予防接種で使うワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンがあり、異なった種類の注射生ワクチンを接種する場合には間隔を守ることが必要です。(令和2年10月1日より、定期接種実施要領改正)
なお、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合には、それぞれ定められた間隔があるので間違えないようにしてください。

♦注射生ワクチン

BCG、麻しん風しん混合、麻しん、風しん、水痘、おたふくかぜなど
⇒接種間隔を27日以上おく

お問合せ先 健康保険課保健予防係 電話099-248-9421

戻る
メニュー
HOME 予定 知識 HELP